キーワード

宅地建物取引業免許の更新

【1】宅地建物取引業免許の更新

宅地建物取引業免許の有効期限は、5年です。
期間満了日(免許取得から丸5年)の翌日に免許が失効します。
免許が失効してしまったら、無免許となり、営業はできません。
したがって引き続き宅建業を営む場合は、免許の更新を行う必要があります。
更新期間は、期間満了日の90日前から30日前までです。


【2】更新の流れ

(1)変更事項のチェック 変更事項がある場合は、まず変更届書を提出してからでないと更新手続きができないので注意が必要。
(2)書類の作成 免許更新の申請書類を作成する。新規の場合とほぼ同様の書類が必要。
(3)免許申請 都庁に出向き、免許の申請をする。郵送は不可。書類不備の場合はその補正。申請手数料は3万3千円。
(4)審査 欠格事由等についての審査。
(5)免許の通知 都庁からはがきが送られてくる。
(6)免許証交付 更新通知ハガキを持参し都庁へとりに行く。

注)東京都の場合です。


【3】更新手続き代行

更新の手続きは新規免許申請と同じくらいの書類を作成する必要があり、結構面倒くさい作業です。
書類作成後は都庁(東京都の場合)へ出向いて申請を行う必要があります。
よく考えてみてください!
更新の手続きからは利益は1円も出ません。
面倒な作業は当事務所に任せてしまえば、社長さんをはじめ社員の皆さんは本業に専念することができます。
実際おまかせコース(下記参照)では会社から1歩も出ないで更新手続きが可能です。
御社の売上のアップのために、許認可手続きを外注に出すことは経費の無駄遣いではないのです。


【4】基本料金表

当事務所が手続きを代行する場合の料金表。選べる2コース。


(1)おまかせコース 7万7千円より お客様は会社から一歩も出ないで全ての手続きが完了します。
決算書類、取引台帳だけご用意ください。
(2)サポートコース 5万円より 会社の謄本、役員の方の身分証明書、納税証明書など当事務所指定の書類をご用意いただける場合は割安です。

注)1 上記の料金は、変更事項なしの場合です。役員等変更のある場合は、別途料金が発生します。
注)2 更新の際の手数料3万3千円は別途かかります。
注)3 東京都内の料金です。


【5】依頼方法

見積依頼、資料請求はこちらから

当事務所に更新手続きを依頼される方はメール
またはお電話
03-5451-3542へどうぞ


お問合せ先
キーワード
大江ありす行政書士事務所
〒154-0016
東京都世田谷区弦巻4-4-15-103



お問い合わせはこちら